テーマ:つり

わたりがに

あいなめ釣るつもりがわたりがにが釣れてしまいました。残念ながら私はカニアレルギーで食べれません。でも、カニ大好き2人組にプレゼント。いつもはゆでてるのですが、今回は蒸してみました。2人組の言うことにはゆでるより美味しいとのこと。 海辺の風は本当に寒くなってきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバ

9月のはじめの仙台新港での釣果。生まれて初めて釣り上げた、サバ君ズ!! 海面をよく見てると、サバに追われた小魚がまず現れて、そのあと、並んでる釣り人たちが、サバを順番に釣り上げていきます。しばらくすると、あたりがなくなって、・・・またしばらくすると小魚が現れて。回遊魚なんだなって実感!ぐいっと引きが強くて、面白い。釣り上げても大暴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オイカワ・・・無事1年過ぎました

去年、釣り上げられて来たオイカワ君。金魚との同居生活も無事1年が過ぎました。最初は、よく水槽から飛び出ようとしてましたが、もう慣れたのか、最近は優雅に水槽ライフを送ってくれてます。 金魚すくい出身の金魚たちがどんどん大きくなってるので、比べるとなんか小さくなってるように錯覚してしまします。 昨夏は水温の上昇とともに、金魚やウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かたくちイワシの酢〆

もう吐く息も白くなって、日に日に寒くなってきました。回遊魚は暖かくないとこないらしいので、楽しいさびき釣りももう今年は終わりかな。 11月のはじめもカタクチいわしがとても釣れました。手でこするだけでうろこは取れるし、なれるとさばくのも指でできて楽しい。イナダ、まいわしに続いて またまた酢〆。昆布を敷いて、お酢を入れた器に下処理した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コハダ

味をしめてイワシをつりにいったら今度は違うお魚が釣れました。キラキラ銀に輝いてきれいな魚。”背びれの最後部の軟条が1本伸びている”特徴からいってコハダ。江戸前の寿司ネタ、ヒカリモノの代表のコハダが東北でも釣れるんだ。仙台だけに 伊達なヒカリモノ・・ホント銀に輝いている。群れをなしてるから次々に釣れます。撒いたエサに興奮してるのか?背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大漁のいわし

先日、新港でいわしが入れ食い。見えてる魚は釣れないっていうけど、回遊しているいわしの姿をしっかり見ながらの釣り・・・楽しい!! エサを撒けば、海の中できらきら魚体がきらめいてるのが見えます。 こんなに魚が集まってるのはここ20年来見たことがないと年配の方の話。 3枚におろしてお刺身。脂の乗って美味しい。生姜にアオネギと薬味…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おへそ

マルタウグイに似てるけど頭が何となく平らな魚。撒き餌したらうじゃうじゃよってきました。池の鯉にえさやってるみたい。針についてるえさには目もくれない様子がしっかり見えて悔しいけど面白い。しばらくねばってやっと釣れました。でも、帰りの車の中で生臭い匂いが・・・・・食べれるのかな不安!! 家に帰ってさばいたらおなかの中からコロコロしたも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カゴカキダイ

東北の海(太平洋)で釣れた謎の魚。まるで熱帯魚。でも、黒と黄色は自然の法則からいくと・・・”警戒色・・・毒があるよ、食べないでね!)のはず。逃がして帰りました。家で図鑑をみれば、カゴカキダイ。暖海性の磯魚。悔しいことに”食べてもかなり美味しい。料理法は焼き魚か煮魚”だとか。惜しかったな・・でも、お醤油で煮付けたらどんな色になったんだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャレンジ・しめ鯖

チップ君が釣ってきた”いわしサイズ”のさば達、小さいから指でさばけます。さてどう料理しましょう?チップ君、煮魚キライだし旅行中で台所も我が家と勝手が違うしどうしましょ。この前イナダのしめ鯖風味が好評だったので、本家本元しめ鯖に挑戦。でも、サイズが小さすぎて一晩甘酢につけたら子供には酸っぱすぎました。次回からは料理法通り30分で引き上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イナダのしめさば風味

釣り上げてきたイナダ(ブリの幼名)達、3枚におろすまではなんとか出来たけど、もう時間と気力とお腹の隙間がありません。いくら釣りたてでも1晩置いてから刺身にするのも抵抗あるし、でも煮魚キライだし。なんとなく姿形が似てておんなじ青いお魚=”さば”ということで、”しめさば”のように酢で〆て冷蔵庫で1晩寝かして、私達もぐっすり寝てから食べて…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

海タナゴ

初めて釣れた海タナゴ。川や湖で”タナゴ”は良く捕まえて飼っていたのですが、海のタナゴは初めて。本当に淡水のタナゴに形が似てます。淡水のタナゴは簡単に捕まえることができて、水槽で飼いやすく、婚姻色がとても綺麗でした。あくまで観賞用、食べようと思ったことはありません。海タナゴは迷わず食卓に。煮付けが良いそうなのですが・・・塩をふって竹串…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めばるの鯉のぼり焼き

メバル君、渓流竿と浮きの簡単な仕掛けで釣れます。 小さいくせに元気いっぱいの引き。 思いっきりウキがしずんでもエサを吐き出して逃げていったり、からかわれてるようで、気がつけば駆け引きに夢中。 ”今日こそは、ヒラメを釣ろうね、高級刺身魚目標!!”・・・なのに、気がつけばメバルと遊んでます。 から揚げ、根性で3枚におろしてのお刺…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ケムシカジカ

長らく正体不明のまま食べていたこの魚漁港のお魚屋さんに同じものが売ってました。カジカ、詳しくはケムシカジカだとか。地元の人しか食べなかった魚だそうです。近頃は珍味とかでテレビで取り上げられて食べる人が出てきたそうです。ぬめりを取って皮をはいで3枚におろして刺身にしても美味しいし、やはり味噌煮込みでもよく食べるとか。やっと分かりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいかわ

釣れたよ~友達と息を切らせながら帰ってきたチップ君。 大きな綺麗な魚に得意そう。 図鑑で調べたら、オイカワ、もともと琵琶湖や淀川水系にいた魚。 懐かしい、琵琶湖の魚!? 湖産仔鮎の放流で広がったのかな。 でも、水遊びしながら捕まえた魚に、おいかわは確かいなかったはず。 こんなに色が綺麗で、尻ひれも長い魚なら捕まえ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

まるたうぐい・その2

漁港に釣りに行ったら、地元の子供達が大きな魚を次々に釣り上げている。何?ときけば、マルタウグイと即答が返ってきた。子供達がエサを投げ入れてる所を見れば、大きなマルタウグイが群れを成してる。これは・・・天然釣堀状態。えさは、ホタテの紐やワタを大きなまま使って、かかればごぼう抜き、おおらかでダイナミックな釣り。よくよく見れば、群れの近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまめの卵

チップ君達が釣り上げてきたヤマメ、さばいたら なんとお腹に卵が。 ヤマメってこの時期産卵するの? ヤマメの卵が食べられるかよくわからなかったけど、とりあえず、バターたっぷりで火を通して、お醤油たらしてみたら、こってりとしてコリコリして美味しい。ご飯にかけて、ヤマメの卵丼も食べ応えがありました。 何日か過ぎても家族の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何者?

今日もつれてしまったこの魚。 コチではないという話も? 昨日食べて誰もおなか壊してないので、今日も味噌キムチ鍋で美味しく頂きました。 何者かな?
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コチ?

今日、女川でつれた魚。カサゴ、カジカ?色んな人が色んなこと言ってました。でも、図鑑で調べるとコチの一種らしいのですが?ぬめりが多くって、うろこが無く体の脇に棘の列、君の本当のお名前は??? とりあえず、一番大きかったのは塩でぬめりを取って、味噌+キムチの鍋にして食べました。白身の、プル~ンとした身が美味しい。プル~ンとしてるとこか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more